Photo Shooting by Ken Takahashi
with Many Many Friends!

どうもありがとうございました!!

■2019年02月10日(日) 曇り

■Live at 大阪 心斎橋soma

究極のプログレッシヴ・トリビュート SHOW!関西編
共演 : The Sons of Eve (Emerson Lake & Palmer Tribute) from 名古屋

■SETLIST

DUKE組曲
01.Behind The Lines
02.Duchess
03.Guide Vocal
04.Turn It On Again
05.Duke's Travels
06.Duke's End

メンバー紹介〜イワノフさんのコーナー:お宝機材紹介コーナー
07.One For The Vine
08.Ripples
In The Cage Medley(1986年American Tour Version)
09.In The Cage
10.~…In That Quiet Erath
11.~Supper’s Ready (Apocalypse in 9/8 ~ As Sure As Eggs is Eggs)
12.Drum Duet (We Can’t Dance Tour Version)
13.Los Endos

ENCORE

14.Dancing with The Moonlit Knight
15.The Return Of The Giant Hogweed

■こぼれ話

今回の関西ツアーは一年前(2018年)の3月に計画をしていたものの一旦白紙に。バンド内のプライベートな事情によることは前回のライヴ報告でもしましたが、その際、共演をお願いしていたのは名古屋のEL&P Tribute Band「The Sons of Eve」。再度の打診にも快諾してくれてとてもありがたかったです。The Sons of Eveとはこれまでに3度共演をしているのと、アウェイなツアーを成功させるには、こだわりの強いトリビュートバンドと一緒にやりたいと考えていました。一方で久しぶりに彼らと共演したいという気持ちもありました。そんな気持ちは先走ったのか、振り返ると2018年の6月から宣伝を開始してました(笑)。8ヵ月前からの宣伝はどう考えても「早いのね、お兄さん」って感じだ(笑) 

表面
フライヤーA面
裏面
フライヤーB面


  早めに宣伝を行った割には、使用したビジュアルは一昨年に名古屋公演で使ったものを再利用していたりするのですが…(苦笑) ライヴ間近には宣伝文句まで枯れて、「2月10日、関西ではEXILE、関ジャニWEST、小椋佳とライヴが被って苦戦しています!」と煽り告知。実は苦戦しているかどうかもよくわかっていなく、「チケットの売り上げがあまり伸びていない」という現地スタッフからのなんとなく情報しかなく、この辺は地方遠征毎度の課題と捉えつつ、仕方のないことなのかもしれません。ライヴハウスに問い合わせても返事が来るのが一週間後とか、東京から関西へのメールは途中から飛脚が届けているようです(な~んて)。そんな中、関西スタッフの吉田さんには前回に引き続き、集客活動に多大なる尽力をいただきました。結果、ライヴ会場には99名のお客様が全国から集まってくださいました。前回、同じ場所で浪漫座と対バンした時は80名弱の集客だったので嬉しい結果となりました。実際には「あなた誰?」という呼んでもいない現地スタッフや両バンドのスタッフ・関係者もいたので110名位はあの会場にいたはずです。用意していただいた客席も見事に満席でした。
  当日の話に行く前に。2018年10月のライヴ終了後、関西用のセットリストを組み直しました。初公開の課題曲にも挑戦。新曲1曲。久しぶりの曲2曲。新たなアレンジ曲3曲と盛りだくさんなセットリストになりました。これが後々、メンバーの首を締めて行くことにもなるのですが...。メンバーのスケジュールも上手く合わず、ライヴまでに全体練習は4回くらいしか取れませんでした。しかもその内の一回はPhil中島が扁桃腺を腫らしてしまい参加出来ずという「申し訳ない」展開に。
 諸々粗相のないように宣伝などを動いていても、プレイガイドで発売していたバンド名表記に誤字があることが発覚したりして…

「復刻創世記」の「記」が「紀」に!※このチケットは一部のコンビニで発券された場合、出るので実にレア!もう怒る気にもならんけど(笑)。
本家ジェネシスもやられたことがあるので、同等になったか!?ちがーう!
 そうこうしている内にあっという間にライヴが近づいてきました。 The Sons of Eveのリハの写真がネットに上がって「やべぇ~、これ、転換とかスムーズにできるかなー」と期待と違う場面で一気に不安に。サンイブのみんなとメールで「転換やセッティングはこんな段取りで行きましょう!」と何度かやり取りして、最終的には「後は現場で!」と完璧な流れに(笑)。

出発前夜。関東に20年ぶりの寒波が押し寄せるとのこと。慌ててタイヤのチェーンを買いに行く。そして出発前日(金曜)に装着。真夜中には外は雪国状態となり、片道550kmの道のりが重くのしかかる。でも、朝になったら大雪警報解除された。外を見れば、朝の景色はこんな感じ。
  (朝の雪景色) 出発時には、道路の雪もなくなり、1日の労働はタイヤのチェーンを外すところからスタート。さらには売上危しと聞いていたチケットもプレイガイド分は完売と連絡が届く。大阪に向け出発し始めたら朗報だらけだ。土曜日の夕方に千葉を出発。途中でMike須藤をピックアップ。音楽談義に花が咲きまくる快適な道中、心斎橋に着いたのは日曜夜中の2時半。早すぎた!なので、まずはラーメンを食べました。そしてロックバーstarlessさんへ。士気を高めようとしてくれたのかアルゼンチンのジェネシス・トリビュート・バンドの演奏を観させられる(笑)。明け方5時に仮眠を取るためスパワールドへ移動。無駄に豪華な施設。しかも照明眩しく、各種いびきの不協和音合唱で眠れず。須藤さんも殆ど眠れなかったとのこと。 チェックアウト後、開店前のライヴハウスに機材を降ろす。それが10時前。寒い。続いてChester源中の車、The Sons of EveのVoyagerさんの車到着。スタッフも揃い機材をドカンドカン降ろし搬入。そしてTonyイワノフさんも到着。転換などを考え一番重いCP70は自宅待機だそう(^^; 。
 まずは復刻創世記がセッティング~リハ。不眠での演奏なのか、モニタリングも上手く行えず超不安なアンサンブルにかなり焦る。この時点で用意していたオープニングナンバーをカットする決定をくだす。出来が不安定だったのが大きな理由。こんなことは初めてだ。終演後、ステージ上のメンバー用セットリストを見られ(笑。撮影もされ)、そこに書かれた1曲目「Down and Out」が演奏されていないことがお客様にばれてしまいました。というわけで理由は時間が押していたからではありません(都合よく解釈いただいてありがとう)。 そしてThe Sons of Eveのリハに向け転換。この段取りは超スムーズでした。車5台分の機材転換を1時間で行うのは無理。でも、なんとかなっちゃうから凄い(^-^)   そして、会場前にはたくさんのお客様。いつも来ていただいてるお客様と挨拶を交わし、いよいよ2年ぶりの関西公演のはじまりです。

●The Sons of Eve Setlist

1 Hoedown
2 Jerusalem
3 Knife Edge
4 Karn Evil #9 1st Impression part 1(レコード通り?笑)
5 Karn Evil #9 1st Impression part 2
6 Karn Evil #9 2nd Impression
7 Karn Evil #9 3rd Impression
8 The Sage
9 Lucky Man
10 C’est La Vie
11 Jeremy Bender
12 Bitches Crystal
13 Tarkus (Full Version )
14 America ~ Rondo ~ Fanfare For The Common Man  

↓お約束のVoyagerさんの圧巻のパフォーマンス!

 ステージ上の幕が開くなり、ステージ上にそびえ立つモジュラーの大きさ、派手なドラムセットに客席からどよめきが起こりました。そして、今では叶うことのないEL&Pサウンドの再現。The Sons of Eveのステージはじゃじゃ馬のようなアナログ機材との格闘も見ものの一つ。今回、セットリストの4曲目と5曲目、レコード通りの再現といえば聞こえがいいですが、ステージ上ではVoyagerさんが暴れ馬に各種シールドで鞭打つかの如くのパフォーマンスでした。Greg Lake役はじめちゃんの弾き語りコーナー、小曲を挟み、クライマックスへ。Tarkusそして、さらなるお約束格闘シーンのメドレーへ。The Sons of Eveの熱い演奏後、転換。お客様の反応もとても良く素晴らしいパフォーマンスでした。ありゃ圧倒されない方がおかしいわな。共演の残念なところは、次を控えているので、ゆっくり鑑賞できないところ。特に後半。  

 転換後、復刻創世記の演奏がスタート。リハよりはステージ上の音の返しもイイ感じでした。まぁ、いつものごとく「やっちまった~」は各自多々あれど、後半に行くに連れお客様の反応も上々の様子。個人的心残りはOne For The Vineの途中でドラムのマイクを移動してしまい、汚いハウリングを聞かせてしまったこと。本当すみません。さらに、ライヴハウスに到着して着替えなどの準備をしていたらアンコール用の黒いシャツを家に忘れた事に気づく。仕方なくTシャツの上にヒートテックを着てカバー。しかも本番では後ろ前逆さまに着ていたという言わなきゃバレない失態も。今回は70年代初期から80年代の曲と、楽曲に合わせ、1回にしか出てこない楽器も多数。Phil中島とSteve松田のお色直しも3回以上と、たった2時間の中に気づかれない謎の拘りだけは詰め込みました。 アンコールを大暴れで終了。お客様のスタンディングオベーションにちょっと目頭が熱くなりました。終了後はお客様と挨拶やら記念撮影。楽しい時間もあっという間に終わり、機材を片付けて、打ち上げへ。もう11時過ぎていたけど、参加していただいたお客様と楽しい時間を過ごせました。ありがとう!こうやってお客様と打ち上げするのはバンドが始まってから初めてでした。で、0時過ぎに解散。The Sons of Eveのみんなと再会を約束し、関西公演は終了しました。

 Chester源中とTonyイワノフはそのまま車で帰る殺人的スケジュール。Steve松田はホテルへ。Phil中島とMike須藤は今回スタッフとして頑張ってくれた吉田さん宅へ泊めてもらうことに。お邪魔するなり、泥の様に気を失いました。

【さらに大阪観光】

 ライヴ翌日。吉田さん宅を11時に出発。松田さんと道頓堀で待ち合わせ。須藤さんと3人でまずは「十八番」というたこ焼き屋さんへ。やはり旨し!続いてお好み焼き屋へ。なんの予備知識もなく「おかる」というお店へ。串揚げ、お好み焼き、焼きそばを食べ満腹。これまた旨し。マヨネーズによるイラストはいかにも観光客向けだったけど。

おやくそく!↓そしてこちらもお約束!

 そして目指すは岡本太郎の太陽の塔。内部観覧は4カ月前から予約が始まっている。それも一週間前に知ったのだが、色々調べたらキャンセルが出れば前日発売もあるという。ダメ元でサイトにアクセスしたら、埋まっていたチケットが発売されている!しかも4時半からの最終回が3名分。超ラッキー。振り返ると、今回の関西ツアーは何から何までイイことづくめでした。で、太陽の塔ですよ。いやー、存在感あるなー。記念撮影をするも、ここでスマホの充電が切れる。幼稚園の頃、万博に来ているのだが、やはり記憶は蘇らなかった(^-^)。50年近く前のことだから当たり前か?解説付きでの作品鑑賞は面白く、作品自体も興味深かった。   あっという間に時間は過ぎ、帰路へ。
 おみやげは「551蓬莱の豚まん」と決めていたのだが、目的地の大津のSAについたのは閉店間際。案の定、売り切れていました。とほほ。仕方なく八ツ橋を購入。どこに行ったお土産なんだよ(笑)。   既に日は変わり、長旅も終わり。須藤さんに帰りは運転も代わってもらったり、色々な話題を話せたので退屈・眠気レスなツアーでした。家に到着したのは、火曜夜3時過ぎ。あー、楽しかった。

■感想(アンケート、頂いたメールなど)

●体に気をつけて下さい。エネルギッシュで良いパフォーマンスありがとう。
●パワーアップしていて素晴らしかった。イワノフさん、とてもうまくなっています。本物のメロトロン聴きたかったです。
●イン・ザ・ケイジからのメドレーがちょっとびっくりでした。
●Good Job
●とってもよかったです。特にハケットさんとダリルさんの・・・ハート。
●Excellent!熱意に脱帽です。
●とにかく長く続けてほしいです。応援しています。グッズもありがとうございました。時間がなくてすみません。お先に帰ります。気をつけて東京までお帰り下さい。ありがとうございました。
●Genesis初心者ですが。
●Vintage Synthesizer苦労話。Prophet10でのHammond Organ EmulateはTony Banksもやっていたのですか??
●原始神母、King Crimsonを見れてないので、復刻さんのジェネシス頼みますよ。One For The Vineが聞きたいです。あ、やってくれた。サンキュー。
●もう最高です!!
●3回目にして、ようやく最後まで見れました。ぜひ名古屋でもお願いします。イワノフさんのコーナー、3時間お願いします!
●タウラス最高っす。やっと最後まで見られました。やったー!!
●ジェネシスの初期の曲を聴きたかったです。
●スバラシ~~~イ!
●最高でした!
●毎回、「今日のLIVEが最高!!」を更新しています!!いや~楽しかった!!お天気不安でしたけど、大阪まで来れて本当に良かった♡ありがとうございました。バンドの方々も大阪入りはとても大変だったと思います。ご無事で何よりです。お帰りも気をつけて。また次回も大いに楽しみにしています。今後のリクエストは、もう何でもやってください!あ、Genesisを。
●何度見ても最高です。あまり頻繁にライヴはされないので見逃しのないようにしようと思います。
●明るく、楽しく、素晴らしい演奏、お疲れさまでした。
●1人何役もこなしてご苦労様でした。
●わざわざ関西に来ていただきありがとうございました。素晴らしかったです。
●◎
●野外でやって!大阪城音楽堂4000人はいるから!
●ジェネシス愛、とっても深く感じました。
●また見たい、聞きに来たいバンドでした。来年も来ます!
●フィル度、増しましたね。
●感動しました。ぜひ、また観にいきたいです!次はThe Musical Boxやって下さい!
●スミマセン、Genesisよく知らないので・・・でも3回目です。今日はメロトロンある?・・・ない!Arp クアドラ?すごい!Prophet10って貴重ですね。
●胸アツでした。大阪に来られたらまた来ます。プログレファンでよかったと思えるイベントでした。
●大変よかったよ。また大坂に来てください。また来ます。
●数ある曲の中からのチョイスが面白いです。毎回飽きさせない演出も良かった。遠いところお疲れさまでした。次回も楽しみにしています。キーボードがちょっと音大きかったような・・・
●ジェネシスは好きなバンドなので期待していたのですが、期待以上のライヴを見せてもらいました。次回は幻惑のスーパーライヴを完全再現してほしいです。  

■Facebookの感想

●先輩のプログレバンドのLiveを観ました。24年続いてきたバンドだけあって演奏力も凄いです。ツインドラムなんて初めてみました。しかしたくさんのお客様が来られて素晴らしいと思いました!
●昨夜はミナミのライブハウス、SOMAで2大プログレバンド、EL&PとGenesisのトリビュートバンド、The Sons of Eveと復刻創世記の豪華共演を楽しんできました。メンバーのみなさんのプログレへの情熱や愛情、こだわりがひしひし感じられるライブで、圧倒的でした。(^^)素晴らしいショウを見せていただきました。Genesisのトリビュートバンド、復刻創世記のステージ。残念ながらメロトロンは持ち込みされませんでしたがヴィンテージのキーボード群は質量ともにスゴい迫力でした。次回の公演が今から楽しみです(^^)。
●Ripples泣けた!
●とてつもないプログレ愛に満ちた圧巻の5時間!もう感謝の言葉では言い尽くせません。
●お疲れ様&ありがとうございました!本当に金沢くんだりから3人で行った甲斐がありました〜。とにかく、素晴らしかったです。ジェネシスは詳しくないのですが、それでもみなさんのバランス、アンサンブル素晴らしいものがありました。で、当然プログレファンの私たちも十二分に満足させる音のこだわりも最高でした!またぜひ、堪能させていただきたく思いますので、よろしくお願いします!!ありがとうございました!夢を頂きました!
●すばらしかったですねー♪ また是非大阪に来てください! みなさんで来てくださいね!待ってますよー♪
●相変わらずの復刻さんのなりきり度!勉強&刺激になります。ずっとバカやり続けましょうね〜♪
●初めての参戦です 今日は素晴らしいライブありがとうございます歌って叩いてフィルコリンズそのものですね 名古屋から行った甲斐がありました 最後10時半の新幹線最終電車に乗るためアンコールギリギリ聞けてすぐ退出しました!ありがとうございました(笑) また 是非行きます!
● 今回はイワノフさんの手元が見える席、ある曲では両手を重ねて打鍵するのがバッチリ見られて萌え萌え〜(ヲタク)今はもう見ることができないGenesis…EL&P…素晴らしい演奏とパフォーマンスで幸せを授けてもらっています。心から感謝申し上げます。 本当にお疲れさまでした。わたし的には曲目が時代順というのがツボで、最初ハッピーから徐々に高揚していき、最後は感極まれりと完結に至るのが良いんです〜。またライブ楽しみにしております!
●昨夜の復刻創世記のライブは私にとって意義あるライブでしたgenesis revisited 企画 philの健康問題 などなど。昔のユーチューブを見て悶々するも 結局何の解決もなく 星の数ほどあるトリビュートバンドの中でやはり復刻創世記さんの全てにこだわりぬいたサウンドを聴いてそのモヤモヤが拭い去られました。トニーがトニーでしかできないプレイやハケット ダリルの大きな違い フィルの八面六臂の活躍などメンバー一人一人がそのメンバーでなければならくてはジェネシスに非ずという事がまたあらためて分かりました。凄い機材の移動も大変と思いますが 是非また関西でのライブ開催よろしくお願いいたします。最高のパフォーマンスに感無量。本当に機材移動ご苦労様でした 貴重なもの観させていただきました。初参戦でしたが噂に違わぬ素晴らしい演奏でした。また来阪よろしくお願いいたします。
●復刻創世記、サイコーでした(^_^) 、素晴らしいライヴ、ありがとうございました。打ち上げも含め、大変楽しい時間を過ごせました。これからも楽しみにしています(^_^)
●平成最後の復刻創世記の大阪公演が心斎橋somaでありました。聞きたい曲、名曲が満載のライブで感動、大満足でした。特に。In the cageからのメドレーは来日公演の時のことを思い出して涙ものでした。あの日のライブの直前にマイク・ラザフォードにサインもらったときに今日はサパーズレディをするのですかと聞いたら、しないと聞いて、がっかりした事を思い出します。やっぱり日本では聞かれへんねや。とずっと思っていたけど、後年ハケットが演っていてくれましたけどね。あっ、次回はフルで演っていていただけたら嬉しいです。また、関西でお待ちしております。雪なので気をつけてお帰りください。ほなね。しかし、そのリベンジできました!とっても嬉しかったです。ちなみにいろんなメドレーがあると思いますので、いつか聞かせて下さい。お願いばかりですみません。次は上京しまっせ。 いつかいつかと楽しみに待っております。今日は雪なので気をつけてお帰りください。ライブはいつもながらとても楽しかったです。また来阪をお待ちしております。来なかったら上京しまっせ。片付けの手伝い手伝い出来なくてすみませんでした。ほなね♪
  ●素晴らしかったですね。Dukeをしばらく聴いていませんでしたが、改めて良い楽曲だと認識しました。
●昨日のライヴお疲れ様でした(^^)/最高でした♪80年代のライヴに突如ハケットさんが登場したバージョンのメドレー最高でした(^^)
今後の復刻さんのライヴも期待します(^^)v 昨日のライヴお疲れ様でした(^^)/打ち上げにもお誘いいただき感謝です♪今後の復刻創世記さんの東京公演も観に行きたいと思います。
●楽しかったですよ~^ ^
●素晴らしいライブをありがとうございました。ジェネシスの曲はやっぱ良いなぁと、楽曲の良さが堪能できる、まるでジェネシス本家のライブをそのまま体験したようでした。緻密な復刻体験ができて楽しかったです。ありがとうございました。
●Genesis愛をとても感じました。イワノフさんが大阪ご出身だそうですので、頻繁にご来阪下さい。
●ステキな演奏ありがとうございました。た観に行きます
●横浜から新幹線に乗って見に行きました(^_^)復刻創世期の方々は、少し緊張してたみたいでした!
  ●お疲れ様でした。今回も楽しかったです^ ^またのご来阪を楽しみにしています。帰りの道中、お気をつけて(^ ^)/

■Twitterの感想

●個人的ツボはSteve三変化。お色直しもいいけど演奏も素晴らしかったです。特にツインドラムには感激しました。また大阪にお越しください。こちらは雪が積もってきてるので大阪も雪降ると思います。お帰りはお気をつけて
●お疲れ様でした!もうさいっ、こー!に楽しいライヴでした!声をかけて一緒に行った友人も大ウケでかなり満足してたようです(^^)またの来阪、楽しみにしています!3人ジェネシスほとんど聴いてないけど曲めっちゃいい!!
●またちゃんと聴かなあかんなあf^_^; で2年ぶりの復刻創世記。今回は3人時代多めの選曲でオープニングがいきなりのデューク組曲。ダリル・ステューマーの再現度wwwあと月影の騎士!これじゃ騎士やなくて落武者やんwwwでも終演後スターレスにて当時の動画で答え合わせしてたんやけど動きも音もほんま完コピでほんまびっくり!
●一夜明けまして、昨夜のThe Sons of  Eve&復刻創世記@心斎橋soma、もーめっちゃ楽しかった!そらホンモノちゃうし、演奏ミスもあったけど要は音楽なんやから楽しさで満足できたらええんちゃうん?とにかくエンタメとして一級品のパフォーマンス見せてもらいましたよ(^^) ●2時間、楽しませてくれました。中島氏、気のせいか、前回よりPhil度が上がったような。
●ライブ、素晴らしかったです!✨😆また関西に来て下さるのを楽しみにお待ちしています
●母も連れて参戦。レア機材からネタの隅々まで愛溢れてたwサパーズは全編聴きたかった><けど美味しいとこ聴けたし、コスプレまで最高だった月影の。。。落ち武者?に各種再現度の半端ないHogweed!あれこれ楽しかった!対バンも良くてELPも聴いてみたいなあと思ったり。
●インスタ映えすると言われた機材、Twitterに上げて済まぬ。
●復刻創世記初参戦 genesisて悩んでいる人は悩み解消!
●次回バリライト入れてください。In The Cage のKeyソロで忙しく動いてVo入るところで全部がピュッと集まるヤツ!
どうもありがとうございました!
(復刻創世記一同)