20131221
会場前
会場前
一部終了・休憩
Photo by 小宮山直恵 and Many Friends!

■2013年12月21日(土) 晴れ

■Live at 目黒 The Live Station

… It's a same old song forever …

■SETLIST
第一部

01.Watcher Of The Skies

第二部

02.Squonk
03.The Lamb Lies Down On Broadway
04.Fly On A Windshield
05.Back In N.Y.C
06.Firth Of Fifth
07.White Mountain
08.Robbery Assault & Battery
09.One For The Vine
10.Supper's Ready
11.The Cinema Show
12.Dance On A Volcano
13.Los Endos

ENCORE

14.The Knife

■こぼれ話

 数日前に天候は崩れまくったものの、ライヴ当日は快晴。野外ライヴではないので本当は関係ないが、搬入のことを考えると天気も重要なのであるよ。昼に集合しての搬入はひと仕事。1位:ハモンド、2位:メロトロン、3位:ドラムのスタンドケースという重量。その他にもドラム2台分など。ライヴハウス常設のものはアンプしか使わない。イイ歳こいて、そんな自虐的な部分も楽しんでいる。さらにTony岩崎の機材はデリケートなので、とっとと運んでセッティングして、万全の状態にして欲しいというメンバー間での無言の共通認識が。なので、天気が良かったのは何よりだ。しかし、現実は厳しい。搬入だけで大汗かいて疲労困憊。鬼門はライヴハウスまでのこの階段。
恐いよ〜。辛いよ〜。
  すでにこの搬入作業時点で指の攣るメンバー1名。一方で、セッティングやリハはオンタイムでスムーズでした。まもなく2年近い「復刻作業」の集大成が始まります。Phil中島はステージ上の飲み物を買いに外へ。うわっ、凄い人!人!人!「こんな所にいていいんですか?」と言われつつ、すでに「あ、どうも、どうも」と挨拶回り状態。ちなみにこちらは知らない方が多数。ははは。愛想良くて申し訳ないです。
 開場も遅れることなく18時すぎに、SEスタート。友人の声優に場内アナウンスを頼んで仕込みました。それが冒頭から大受け。爆笑のアナウンスとなりました。SEが終わり、静寂の中、本邦初公開の生メロトロンによる有名過ぎるイントロ、そして大歓声!(よっしゃ!予定通り!)そして、Peter中島登場!さらに大歓声!と思いきや、大爆笑(う〜ん、これまた予想通り!ダカドン!)!
 初登場となるSteve松田の長髪ヒゲ眼鏡を本物と思った人もいたようだ。オレンジのシャツも含めベルギーのTVショーの衣装。言わなきゃ気が付かないぞ。1曲目が終わると閉幕。そこで第一部終了〜。大爆笑。終了のアナウンスに会場は再度大受け。Peter中島、ガッツポーズしながらも大急ぎでPhil Collinsの衣装に着替え。そして、本格的に本編スタート!セットリストは2時間ジャスト。これに、Phil中島本人にも把握出来ないインプロヴィゼーションなMCの時間がプラスされる。
 2年3ヵ月ぶりとなるライヴで、正直、集客に不安があったものの、結果的には、把握してるだけでも、神戸、愛知、群馬と遠方から駆けつけてくれた方もいて、総勢115名というお客様に盛り上げていただきました。フライヤーでの宣伝は今まで以上に大規模で、「やりすぎだろ?」と思う位、宣伝しまくりました。エディ・ジョブソン@川崎クラブ・チッタのコンサートでもフライヤーを置いてもらったし、プログレ専門CDショップにも配っていただきました。オールドロックファンの集うロックバーや、たくさんの音楽練習スタジオにまで。また、イギリスのGENESISファンサイトでも宣伝してもらったり、イタリアのファンサイトにフライヤーの画像をアップしたら、それを見て都内在住のGENESISファンのイタリア〜ンな方たちも駆けつけてくれました。とってもうれしかったでーす!
genesis movement tribute band live
イギリスのGENESIS FAN SITE 日の丸の国旗が!!ジ〜ン。

 ライヴハウスによると、「前売だけで、130名を超えた」と言われていたので一安心。実際には年末のスケジュールでもあり、風邪も流行っていたようで、当日、来れないお客様も多かったようです。そんなわけで、今回は「復刻創世記を初めて観る」というお客様も多数。ステージ上からも「どんなライヴを見せてくれるんだ?」というプレッシャー(?)がひしひしと感じられました。
 オープニングMCは、テクノユニットとメタルの混合挨拶。掴みはOK!じゃなかったね。笑い声は聞こえたが。The Lamb Lies Down On Broadway以降、4曲をメドレー。細かな演出たくさん、一度しか使わない楽器や持ち込みスモークマシン、手動の照明も登場。続いて、GENESISの持つ「抒情性」について会場のお客様と一緒に考えるコーナーを挟み、White Mountainといった初期のナンバーを披露。それぞれの曲間では、本家GENESISが行っているように、物語を紹介。オリジナルMCに忠実でありながらも、わかりやすくしたつもり(わかってもらえたかな)。メンバー紹介は後半戦前。今回、初登場&初参加となるキーボーディストTony岩崎(イワノフ)による機材紹介は、あまりにもマニアックなので「イワノフさんの部屋」としてコーナーを作りました。メンバーもステージ上で感心&大笑い。復刻創世記史上初のGENESIS以外の曲が聴ける内容となりました。Tarkus/EL&P、Henry8世/Yes(Rick Wakeman)、クリムゾン・キングの宮殿/King Crimson。そして、コンサートは後半戦へ。ここで『Seconds Out』のC・D面を再現。復刻作業では2転3転しようやく完成したトリプル12弦アコースティックギターアンサンブル(36弦ギター!)から、24分の大曲Supper's Readyがスタート。ちなみにTony岩崎の初12弦ギター購入&特訓披露の曲。メンバーながら、その復刻ぶりは、あっぱれ!そして、オープニングから、お客様の合唱でこちらも幸せ。中間の「a flower?」は久しぶりの観客強制参加!練習もせずに息ぴったり。みなさん、さすが!完璧っす。9/8でお立ち台に登るPhil 中島。2回目のお立ち台ではお立ち台の足が曲がり、Phil中島ずっこけるというアクシデント付き。その重さに耐えられなくなったか。お立ち台が悪いのか?俺の重さが悪いのか?だが、客席によってはもの凄いスモークに隠れ、このずっこけぶりはバレなかったかも。Supper's Readyが終わってからの長い拍手と歓声に逆感動状態。『Seconds Out』D面に移り「ロミ男とジュリ恵」のエロ話からスタート。再度、Mike田原に導かれ魅惑のギタートリオから曲はスタート(こちらは30弦ギター)。このギターアンサンブルの復刻作業は、過去にやっていたものの、これまた、一から音を採り直しての大変な作業でした。後半は疾走する7/8拍子にTony岩崎の独壇場、大騒ぎの歓声を受け、間髪入れず、Dance On A Volcano〜Los Endosのメドレーで本編は終了しました。お客様から頂いたアンコールに、77年・80年のツアーで演奏されたThe Knifeの短縮Versionでお返し。エンディングのみ『Genesis Live』のVersionで約2時間40分のステージが幕となりました。
ま、久しぶりのワンマンライヴなので、大成功か?と言えば、反省点もありあり状態。過剰な企画演出と、まだまだな演奏レベルのへんてこバランスに、バンドとしては、ようやくスタート地点という感じでしょうか。甘えるつもりはありませんが、暖かく見守ってやってください。って、甘えてんじゃん。

 ご来場いただいたお客様へのお土産は前回のワンマンライヴ以来、第2弾となる復刻創世記バッヂ!今回はクリップ付。さらに、入口(出口?)では友人に手伝ってもらって、Phil中島デザインのTシャツやバッグ、クリアファイルなども販売。それだけでは飽き足らずメロトロンをキャラクター化した「メロメロちゃん」のデザインTシャツなども販売しました。(もちろん物販は赤字だよ!あははは。)
バッヂ第2弾
おみやげ・実は5種類の色違いヴァージョン。揃えたくなるでしょ?
グッズ売り場
Tシャツ屋さんの友人に手伝ってもらったグッズ&売り場!

 結果、チラシのデザインに使ったTシャツは完売!メロメロちゃんグッズは余ったものの、Tony岩崎が終了後、「これは私が持っていないと駄目でしょう」と大人買いしてくれました。わーい。笑。ライヴ以外はほとんど、こんな感じで文化祭なノリでした。終了後、メンバー全員&スタッフにも手伝ってもらって、機材をバラして搬出、各自の機材車に積んで体力をすべて使い果たし、気力とライヴの余韻の高揚感のみで近所の居酒屋へ。でも、車で来たメンバーばかりなので、お酒はもちろん飲めない。とほほ。アンケートを回し読みしつつ、次の課題曲もゴニョゴニョピャ〜な感じで、お開きとなったのは、午前2時。復刻創世記、ようやくパーマネントのメンバーも固まったので、次回ライヴは2014年中に!と約束しよう(時期がざっくりでごめん!)。でも、大丈夫!うん。

■ライヴまでの、「特訓日記」

「特訓日記」 メンバー個々人が綴る自虐的特訓の記録。

■感想(アンケート、頂いたメール等より)

●超楽しかったです!ハケットのカヴァーライヴより面白かったか、と!そしてリアルキーボードの音を楽しめました。また観たいです!頑張って下さい。
●なるほどコミック系シリアスバンドなのですね。その昔、ダディ竹千代&東京おとぼけCat'sが同じネタをやっていてうれしかったです。Steve来日以来の感動で体動かしまくりました。口パクで唄いまくり満足です。次回も楽しみにしています。
●素晴らしかった。ありがとう。オルガンの音最高!! MCがタメになる。
●今年は生でジェネシスの70年代の曲が聴けておかげ様でいい年になりました。
●若い番号で入ることができました。演奏を聴いてなつかしい70年代に帰ることができました。生メロトロンを聴けたのはおそらく30年振りです。シルバーエレファントでの美狂乱のライブが最後だと思います。ああ、なつかしい…HPを見ておりましたが、たくさんの機材、いろいろと大変だと思います。また仕事をしながらの練習には苦労があると思いますが、これからも良いライヴを聴かせてください。ありがとうございました。
●サパースレディ a flower! MC楽しかった。イワノフ先生のシンセ講座!また近いうちにライブ楽しみにしています。
●とても楽しかったです。フィル中島さんの盛り上げ方がお上手でエンターティナーだなーと思った。バンクスさんがニコニコ楽しそうに演奏されているのも印象的でした。また来たいです。
●イワノフさんがイエスやっている時より、ず〜〜〜〜〜っと幸せそうなのが印象的でした♪ジェネシス愛にあふれたすばらし〜〜〜いライブをありがと〜〜〜〜!
●いや〜最高でした。ジェネシスはよく知らなかったけど、復刻創世記のファンになりました!またすぐライヴやってください!
●メンバー変わってからのライブでしたが、素晴らしかったです。第一部、もう少し長くやってほしかったです。メロトロンいいです!鳥肌立ちました!中島さん、少し大きくなったみたい?成長中?
●楽しかったです。演奏技術とか素晴らしかったです。いつまでも元気で頑張ってください。
●楽しみました。これからも頑張って下さい。
●楽しかった!また、熱いライブを!!
●いやー、ジョジョー性ありありでした!笑いあり感動ありの楽しいライヴをありがとうございました。
●Knifeサイコー! もう一度言う Knifeサイコー!また来ます!
●尻上がりに良くなるとは。そのパワーに驚きました。
●とってもかっこよかったです。サパースレディ最高!! 80年代のキーボードマガジン風の解説も良かったです。
●ロベリー!!16年リクエストし続けた曲をようやく(T-T)!ホワイトマウンテンは新鮮で良かった。キーボードの音色が流石にヴィンテージもの使ってるだけあって素晴らしかった!!Watcherのベース、ウェンブリーを思わせるところがあって嬉しかった。中島さん、最初声がよく出てなくて(特にBack In N.Y.C)心配になりましたが、その後、安定して良かったです。松田さんは文句なしでした。
●楽しいコンサートでした。ボーカルの人のMC面白かった。演奏はまずまず。でも本編ラストはすごく良かった。Firth Of Fifthはもう少し練習した方がよいと思う。特にソロ部分とグルーブ感。
●毎度、素晴らしいライヴで感謝します。ホワイトマウンテン、ナイフなど珍しい曲が聴けて良かった。サパースレディも当然最高でした。イワノフさんのコーナーも面白かった。
●最高に楽しかったです。微妙にSeconds Outからズラしたセットリストも面白かった。イワノフコーナーも続けてください。こんなに近くでメロトロンが見られて感謝です。次回はすぐ、だと信じてます。
●ひさびさで楽しかったです。どのコーナーも良かったですよ。アレンジver選択も良かったです。Vintage Synthのコーナー、勉強になりました。学芸会も、またぜひ。何でも待ってます。出来れば年1回位でお願いします。大変でしょうが、ぜひ!
●トイレを我慢しながらで膀胱はしんどかったけど、楽しかったです。
●ジェネシスがよくわかりました。とても良かったです。
●凄! Love cute
●アンコールはもっと長い曲を!
●座った席がメロトロンの前…というか、壁際だったため、ドラム・ベースが全く見えず、ちょっと残念でしたが、トニー命の私にはちょうど良かったかも。ロベリー聴けるとは思わなかった。Los Endos良いな〜!
●久しぶりでよかった。まぁ細かいことは…。
●ブラボ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ 思わず痙攣が止まりました。
●サパースレデイ、良かったです!
●良かった!
●メロトロンを初めて生で聴きました。ARPも凄いです。
●うらやましい。
●神戸から観に来た甲斐があった!素晴らしい。音色の再現がハンパじゃない。ちなみにベイヤーのマイクは壊れやすいので注意!PAもライティングもGOOD。
●今年を締めくくるのにふさわしいライブを観せていただきました。すごく楽しかったです。遠方から来た甲斐がありました。中島さん、歌詞をすべて暗記しているんですね。すごいです。感動しました。また次回を楽しみにしています。
●GREAT ENERGY! VOICE SHOULD BE A BIT LOUDER. THANK YOU!
●親子で来ました!ぜひ、又、観たい!
●完成度がとても高かった。演劇の要素をもっと取り入れてほしい(ピーター・ガブリエルのように)
●素晴らしい!サパースレディ、シネマショウ、本編ラスト、本当に楽しませてもらいました。ありがとうございました。キーボードの説明も良かったです。
●いつも通り楽しかったです。イワノフさんの笑顔に癒されました。One For The Vine良かったです。
●おもしろい。音色が美しい。White Mountain、One For The Vine、良かったね。Seconds Outの2枚目もよい。みなさんのやりたいPOWERが凄かった。
●選曲など楽しめました。ほとんど聴きたい曲が聴けました。
●すげーーーーっ!!
●素晴らしかったです。バンドの意気もぴったり合っている様子。やすおさん、イワノフさんのトーク楽しかった。
●最初、緊張されているのかと思いましたが、フィル中島さんのグイグイひっぱる力に引き寄せられました。ツインドラム最高でした。
●楽しかったです。が!ナーサリークライムから1曲もなかった!
●ワンダフル!やすお様最高。
●最高でした。もうおなかいっぱいです。
●よかったよ!すごく。
●楽しかった。キャラが最高。
●初めてジェネシスのコピー・バンドの演奏を生で観ました。ジェネシス好きの人が沢山いてうれしいです。
●前回(両国)より、ジェネシス愛が溢れていた。
●曲名が分からず申し訳ないのですが、24分ある曲がとても楽しかったです。探してまた聴きたいと思います。毎回、曲の説明をしてくださるので、予習が足りなくても、とても楽しいです。また、イワノフさんの部屋がとても楽しみで来たのですが、とっても楽しかったです。メロトロンの中身が見てみたかった!他の方の楽器の詳細も、ぜひ話してください。
●すっごく楽しかったです。プログレ自体、知りませんでしたが、今日、スキになりました。かっこよすぎです!
●難曲ぞろいの本編、お疲れ様でした。楽しみました〜!特に後半は素晴らしかったですね。惜しむらくは、前半、緊張もあったのでしょうが、Firth Of Fifthとロベリーのキーボードの指がもつれてしまったこと。あそこは完璧に弾いてほしかった。でもメロトロンの音には涙が出そうでした。ドラムとベースのリズム隊は最強ですね。あと、フィル中島さんがマツコ・デラックスに見えたのは私だけ?また来ます!!
●Dance On A Volcanoかっこよかったです!!好きなのでうれしかったです。また、ぜひ!
●イワノフ氏の解説通りに聞いてみると、とてもわかりやすいことがわかった。つまりメインの音色は4つしかない。その上、kbのメロはすべて単音だった!と(今ごろ)わかった。ありがとう。音がカラフルで(つまりkbが目立って)それっぽい。スティーブさんのより、より、忠実でよく響いた。(残念な点)今まで、破綻していた部分の怪しさが、独特の緊張感をもたらしたが、今回はそこがない。(細かくはあったのかもしれないが)それが、なぜか、(やや)淡々としていたのだろうか?我が年の齢ゆえか、年末故か。スティーブさんも上手過ぎて、淡々と聞こえた ように思った。
●いやー、最高に楽しかったです!今回もギャグの切れ味がすごかったです(笑)。ハモンドとメロメロちゃんの音色が最高でした!
●サパースレディ、ロスエンドスは、ハケットバンドを完全に上回る出来。やっぱりSeconds Outバージョンは良いわ。キーボード、とても素敵なキャラ。向谷実を思わせるいやらしい笑みがナイス。リズムとアルペジオが少し不安定な部分もあったけど、どんどん良くなるでしょう。個人的理想は77年ライヴの完全再現。
●最高でーす。これからも続けてねー。
●新しいギタリストさん良いですね〜。納得のいくアビリティ−を持った人を見つけるのは、本当に難儀です。とても良いギタリストさんだと思いました。2年以上ぶりのライブだったようですが、なかなかでした♪
●ライブお疲れさまでした。シネマショーの途中からでしたが、なんとか間に合いました。あっという間に前回のライブにタイムスリップしました。そしてまたパワーを貰いました。新生・復刻創世記いいじゃないですか。ハケットは良く見えませんでしたが、トニーの楽しそうなプレイが新鮮でした。中島さんは相変わらずの安定感で風格さえ、漂っていましたよ。( v^-゜)♪やっぱりリズム隊が要ですね。ビルが残って良かったですね。次回ASAPでお願いします。でも無理は禁物ですよ。
●私も先日のハケット先生のLiveを含めて結構、観ていますがこんなに笑わせてもらった、メチャ楽しいコンサートは初めてです。Genesis の奥深い音を目当てに来ましたが、音楽のもうひとつの楽しさを初めて体感したような気がします。但し、メンバーの皆さんの演奏は、アンサンブルを含めて素晴らしかったの一言です。(メロトロンを含めたヴィンテージ・キーボードやダブルネック他、たまらなかったです!)プログレ系は特に真面目にそして真剣に少しの音も漏らさず、聞き役に徹する人が多く、そういう私自身もその傾向が強かった気がします。(マニアですから・・・)ところがこの日は演奏開始直前の女性MC?の方のアナウンスでいきなり爆笑してしまいました。(思わず、ICレコーダーを持ってくれば良かったと思いました・・・)そして Genesis のオープニングといえば待ってましたの Watcher of The Skies ですっかり幻想の渦に入りました。但し、途中、何度も笑いの渦に戻されました(笑)。中島さんの小道具を含めたマニアックな話しやイワノフさんの部屋もとても楽しかったです。もちろんキーボードの音色を含めて Genesis そのもので感激の連続でした。今回、演奏してもらった数々の名曲は揺るぐことのない大好きな作品ですが、個人的に一番印象的だったのが The Cinema Show そして Back In N.Y.C でした。でもすべて良かったです!今更ながら復刻創世記をもっと早く知って入ればと思っております。ファンになりました。次回のパフォーマンスも楽しみにしています。この度の 『幻惑のスーパー・ライブ』 ありがとうございました。
●期待を何倍も上回る素晴らしいステージありがとう(v^-゜)。ギタリストのまさかのヅラ&ヒゲウォッチャーには驚きました、丁寧で再現性の高い演奏と音色、あふれるジェネシス愛とエンターテインメントに徹した演出に完全にノックアウトされました。76〜77期の良いところを凝縮した選曲、特にロベリー、ワンフォーザベインは嬉しかったです。ドラムデュエットの迫力には手に汗握る大興奮!本当にすごかったです。
●昨夜の復刻創世記さんのライブ、素晴らしかった。生メロトロン生ハモンド生Arpの音に悶死。パフォーマンスは本家顔負けで、聴きたい曲たくさん聴けた。
●新メンバー加入後初でしたが、すばらしい演奏力に加えて笑いあり!楽しい時間を過ごせました!
●いやー、楽しかった。最後の方は圧巻ですらあった!
●楽しかったー!それにしても、生のハモンドとメロトロンの音色が半端無くよかった・・・。今まで昔の名機にそれほど憧れは無かったんだけども、今日は凄さを思い知った。自分の大好きな名曲達で使われると、違いを如実に実感できるもんだなぁ。
●今回は フィル中島の真ん前で聴けました。ナイフ初めて聴けて良かった。ロス・エンドスは相変わらず痺れます。
●楽しかった!「サパーズ・レディ」も完全再現してしまうとか、ホントすごい。
●いやあ良かった。長尺曲中心のセットリストで手に汗を握った。a flower a flower
●むちゃくちゃ楽しかったな。
●すごく楽しくて大満足のライブ。サパーズレディとヴィンテージシンセ講座と中島氏のMCが特にお気に入り。
●楽器もジェネシスと同じものを使ったりする復刻創世記さんですが、違う点が!…キーボードが笑顔だっ(゜▽゜)でもシャツは青♪
●期待通りの演目、楽しんできました。しかし、よく研究されてる!
●感動した。年末にいいもの見せてもらった。ライブは2時間半近かったと思う。セットリストもサパーズレディー含め完璧!
●本物のメロトロンの音に感動♪
●最高でした。テクはあっちかもしれないけど、機材とGenesis愛、その結果の感動度では春のハケットバンドに負けてないと思う。ここんちに行くと益々Genesisを聴きたくなるんだよな。
●面白かった?(*´∀`)
●お疲れちゃん! 予想の10倍良かったにょん( ^ω^ )/ 一緒に行った友達二人も褒めちぎっていましたよ( ´ ▽ ` )ノ
●昨日は沢山歌って、動いて汗かいて、痩せたんじゃない?(笑) 沢山のお客様、すごいですね。正直、こういう音楽には縁がありませんでしたが、とても楽しかったです。相変わらず、やすお君は面白いし、メンバーの音楽へのこだわりや情熱やら、とても楽しんでいて、とても輝いていましたよ。自分の好きな事が出来るって素晴らしい!これからも、末長く続けて下さいね。
●もう年末に最高のライブでした。ありがとうございました。
●お疲れさまでした。素晴らしかったです。イワノフさんのファンになりましたw
●すごいエンターテイメントでした。お疲れ様でした!
●素晴らしく楽しいライヴでした(^^)
●楽しかった?。個人的にはベドラのヘッドのロゴが「お、グレッチ?」と思わせておいて実はグラッチェだったのがツボでした(笑)。演奏はちょっと危なっかしいとこもあったけど(笑)
●とにかく楽しかったです。ブランドエンターテイメントとしても見習う点が沢山ありました。ハモンドのトーンホイールから出る音は腰とツヤがあって久し振りにいい音が聴けて嬉しかったです。
●想像以上(失礼)に良かったですよ。惜しむらくは1曲も知ってる曲がなかった事w。あの頃は結構節操なく聞いてたもんで、ジェネシスもそれなりに聞いてると思ってたんですけどね〜。僕が聴いていたのはジェネシスがPOPになってしまった後期の曲でした。
●もぐりの私にはハードル高いかなーと思いましたが、楽しかったです。
●Great energy yesterday! Keep it up Peter!!!
●ガブリエルが降臨したようなヴォーカル、怒濤のツインドラム、Wネック&ベースペダルのグルーヴ、12弦ギターアンサンブル、目眩くメロトロン。堪能しました。
●凄かった!まばたきするの忘れて慌ててぱちくり(笑)鼓動も熱くなりました。ラストのツインドラム!!あれ何ですか!もーすごい、本当にドラム?オケみたい重厚な音の幅と、メンバーさんのソフト?なキャラのギャップがまた素敵でした♪
●とっても楽しかったです。みなさんうますぎてびっくりしました。大好きなOne for the vineも演奏してくれて本当に嬉しかったです。しかし中島さん、フィルに負けないすごいフロントマンですね!!また見に行きます。
●思い切り楽しませていただきました。ありがとうございました。侵入の曲が聴けて嬉しかったです。
●今までの復刻のライヴで一番良かったかも! なんか悔しい(笑)
●楽しかったですぅ〜有難うございました、お疲れ様!ビール美味しかったでしょうね。このライブを皮切りに、復刻ファンになりましたヨ。来年もやってね〜〜
●とりつかれました!最高〜♪いや〜凄いパワーをもらいました。また、ライブをやってくださいね(^-^)
●グイグイ引っ張られて、復刻ワールドに惹きこまれました。中島さんの声、素敵でした。ツインドラム、さぃっこぉう!!でした。ハモンドオルガン、…モロモロ、近くで見たいなぁと思いました。素敵なステージ、ありがとうございました! 


どうもありがとうございました!
(復刻創世記一同)

メロメロちゃん
また、会おうね! 専属キャラクター:メロメロちゃん
 

COPYRIGHT (C) Fukkoku Souseiki with Yasuo Nakajima ALL RIGHTS RESERVED
※このページで扱っている画像や文章はコピーしないでね。